2016年

2月

01日

東京駅ステーションギャラリー

東京駅が新しくなった時にリニューアルされスペースも大きくなり復元されたレンガの壁が印象的な美術館です。

現在は「君が叫んだその場所こそがほんとの世界の真ん中なのだ。」というパリのリトグラフ工房の作品の展覧会が開かれています。

原田マハの小説「ロマンシエ」と連動しているユニークな展覧会です。